税金のことは税理士に任せたい

 事業を起こした場合には、少なくとも1年以内に税務申告を行わなければなりません。しかしながら、正直言えば、知識不足のままで税務申告を行ってしまうと、余計な税金を払うことになったり、書類の記載不備で税務署から呼び出しを受けたりと、多くの場合、良いことはありません。

 そうは言うものの、社長自らが慌てて税務の勉強をするくらいなら、本業に邁進した方がよっぽどいいに決まっています。税金の勉強をしたからって、儲かるわけではありませんからね。

 そういう面倒で厄介な税金のことを全て任せられるのが税理士です。

税理士は何をしてくれるのか

税理士は何をしてくれるのか

 そもそも、税理士とは一体どんな事をしてくれるのでしょうか?

 税理士とは、お客様からの依頼により税務署等に対し、税務申告書などの書類の作成や、申告を代行します。
 ややこしい税法のことも、面倒な帳簿のことも、一切を任せることができ、お客様に安全で合理的なサービスを提供します。

 また、いざ税務調査となれば、実地調査の現場に立ち会い、あなたに代わって調査官に対する説明や交渉を行い、おかしな税金を取られないようにお客様の盾になって戦います。

 さらに、お客様から税金の計算や手続き・会計指導に渡るまで税務会計全般に関する相談を受け、適切な助言を提供します。

初めての外部ブレイン

 しかし、税理士の役割はそれだけに留まりません。

 創業から1年以内に税務申告が必要であり、しかも毎年毎年、それを繰り返さなければならないわけですから、多くの創業者が、創業して間もない段階で税理士と契約をしています。
 顧問弁護士や顧問社労士がまだいなくても、税理士とは早い段階で契約するケースが多いわけです。

 そうなりますと、税理士というのは、単に「税の専門家」と言うよりは、「創業者にとって初めての外部ブレイン」という立場になるものと言えます。
 このため、税理士は税金関係の知識のみならず、経営、法務、金融実務といった、事業経営のあらゆる場面で、相談相手になる存在です。

 最近では、多くの税理士が「ワンストップ・サービス」を提供できるだけのネットワークを整備して、お客様のニーズに総合的に対応できるように準備をしています。

 ですから、起業・創業家にとって、そのような税理士と契約しておけば、非常に広範囲のソリューションが期待できるわけです。

こんな税理士にはご注意を

 ところで、数多ある税理士の中から、どのような税理士を選んだらよいかという税理士選びのポイントをご紹介しておかなければなりません。

 まずは、「こんな税理士は避けたほうが良い」という例を、そっと教えちゃいましょう。

  • 質問の回答が常に「・・・と思います」と濁す「曖昧税理士」
  • 貴方の業務内容をろくに知ろうともせず、税金の話ばかりする「税のみ税理士」
  • 自分の税理士事務所自体の経営が上手くいっていない「お前が言うな税理士」
  • 何でもかんでも安請け合いする「イエスマン税理士」
  • 空気を読んでもらえず、痒いところに手が届かない「KY税理士」
  • 話をしているだけで暗い気持ちになってしまう「ネガティブ税理士」
  • 契約を渋ると、慌てて見積金額を簡単に下げてくる「バーゲン税理士」
  • 教科書通りの答えしかくれない「Noアイデア税理士」
  • ネットワークが不十分なため、専門外の相談に全く対応できない
    「人脈なし税理士」
  • 業務範囲・契約内容・見積金額の裏付けが適当な「なあなあ税理士」
  • 態度や言うことだけが大きくて、実績がしょぼい「大風呂敷税理士」
  • そもそも長年付き合えそうもない「超高齢税理士」
  • 若くて元気があるが、税務調査の経験が浅い「ガンバルマン税理士」

 いかがでしょうか。

 もし、契約を検討されている税理士さんがいらっしゃる場合でも、これらに当てはまらないかどうか慎重に吟味してみましょう。

こんな税理士と付き合いたい

(1)ポジティブで明るいこと

 将来に対する明るい思いが無いものに、人は努力できません。
 ですから、ポジティブであるということは事業家にとって、とても大切なことです。
 そして、そんな事業家の心強いパートナーである税理士は、事業家を勇気づける立場でもあるのですから、ネガティブで暗いというのでは困るでしょう。付き合ってて嫌になっちゃいますよ。

(2)親切であること

 創業まもない時期は、何から何までわからなくて途方に暮れることが多いものです。そんなときに、どんな問題でも解決しようと取り組んでくれる税理士は頼もしいものです。
 そして、結局のところ、それは税理士自身のキャラクターに依存することになるでしょう。親切な税理士は、あなたのために一所懸命に取り組んでくれるでしょうし、不親切な税理士は、ほとんど何もしてくれません。それが事実です。

(3)幅広く相談に乗ってもらえること

 税理士は、創業者にとって最初の、しかも唯一の外部ブレインなわけですから、「税金のこと以外はわからない」なんて言われてしまえば困っちゃいます。
 さらに、税理士によっては「海外の取引はわからない」とか「資産税はわからない」なんていう困った先生もいます。
 どんなことでも相談でき、必ず答えが返ってくる。そういう税理士じゃなきゃ役に立ちません。

(4)クライアント数が多いこと

 素晴らしい税理士というのは、世間が放っておかないものです。依頼件数も増えますから、クライアント数も当然に増えてしまいます。つまり、クライアントの数というのは、その税理士さんの信頼のバロメーターになるわけです。
 しかも、多くのクライアントで、多くの業種を経験している税理士は、自ずとその経験値も高くなっているものです。経験豊富で、愛される税理士を探し出すためには、クライアント数が、ある程度多い会計事務所を当たってみることです。

(5)所長に直接相談できること

 クライアント数が多い会計事務所の場合、ひとつだけ問題点があります。それは、その事務所の所長先生は素晴らしいんでしょうが、職員が素晴らしいかどうかは保証の限りでは無いということです。
 このため、所長先生と直接のやり取りができるかどうか、必ず確かめておくべきです。

(6)対応が速いこと

 電話をすれば留守、メールをしても返事がない。そんな状況では、いつまで経っても不安は解消されませんし、何よりもイライラさせられてしまいます。
 対応が機敏である事務所に越したことはありません。

(7)新しい情報や提案があること

 税法を始めとする国の制度は、毎年、コロコロ変わります。常に、最新の情報を入手し、それにもとづいた積極的な提案をしてくれる税理士は、クライアントの事業を成長させることができる腕のいい税理士です。

まずは面談を申し込もう

 いずれにしましても、税理士とクライアントとの関係は、ヒューマニズムにもとづく信頼関係。相手のことがよくわからないまま契約をすることは避けなければなりません。
 まずは面談を申し込み、自分の目で確かめてください。
 もし、よろしければご一報を・・・



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>