それでも独立開業はパラダイス

 それほど大変でリスキーな独立開業ですが、そんな苦労を吹き飛ばして、なお、お釣りが来るほどの楽しみがあることは間違いありません。

自由の謳歌

 いったん独立開業してしまえば、もはや貴方に命令する人は一人もいません。自己責任が前提ではありますが、自分の好きなことだけをやっていても構わないのです。
 やりたくない仕事を無理してやる必要もありません。出勤時間も自由に決めることができます。

 また、サラリーマン時代には会社の方針などで、やりたくてもできなかった仕事が腐るほどあったでしょう。仕事はお金だけが目的ではありません。大きな稼ぎを生まないような仕事であったとしても、誰にも文句を言われることなく、自分のやりたい仕事に没頭できることは素晴らしいことではありませんか。

 オフの時間の充実も、自分らしい働き方も、収入さえ安定すれば自由なのです。

ノー・ストレス

ノー・ストレス

 そうは言うものの、収入を安定させるまではサラリーマンの何倍も働かなければなりません。朝早くから、夜遅くまで、必死で働かなければならないのです。

 しかし、独立開業してからの仕事というのは、全てが自分のためのものです。仕事に「やらされ感」は一切ありません。このため、サラリーマンの頃の何倍も仕事をしたとしても疲れるということがありません。「全て自分のため」と思うと、どれだけ働いても、全く辛いと思わなくなるから不思議です。

 上司からのくだらない命令も、社内のわずらわしい人間関係も、独立開業した貴方には無関係です。独立開業して初めて、サラリーマン時代にどれほどのストレスを抱えながら仕事をしていたかということを思い知ることでしょう。

収入アップ

 独立開業を目指す方の多くが、事業の成功によって、サラリーマン時代には手に入れることができなかった莫大な収入を得ることを夢見ていることでしょう。もちろん、起業家の成功は、サラリーマンの比ではありません。

 仮に、そこまでの成功が手に入らなかったとしても、事業が軌道に乗りさえすれば、収入の面では豊かになることが多いです。
 例えば、サラリーマン時代には、取引先との人間関係維持のために、自腹で接待したり、ゴルフに付き合わされたり、何かと出費が耐えなかったかもしれません。

 ところが、独立開業後は、これらの出費は事業に関連している限り「経費」として取り扱うことができますので、税率を35%とすれば、その分が後から帰ってくることになります。言うなれば、世の中全て、いつでも、「35%OFFセールの真っ最中」と言っても過言ではありません。

 さらに、様々な節税対策を駆使することによって、サラリーマンと比べると、可処分所得がさらに増えることとなるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>