会社を取り巻く登記の基礎知識

どんなときに登記は必要か

 当然のことながら、会社を設立した時にはそれを初めて公示するために設立登記が必要です。
 その後、会社を運営されていく中で、商号を変えたい、本店を移転したい、役員が変わった、事業内容を追加したい、増資をして会社を大きくしたいなど、以上すべての場合において変更の登記が必要になります。

登記を怠るとどうなってしまうのか

 会社の登記に関しては、原則として、登記すべき事由が発生してから本店所在地においては2週間以内、支店の所在地においては3週間以内に登記をしなくてはなりません。その登記期間内に登記申請を怠ると、過料の制裁を受ける可能性がありますので注意が必要です。

どのように登記申請をするのか

 まず登記をするには、管轄の法務局に対し書面により申請書を提出するか、もしくは申請情報をオンラインで電子申請します。申請書には、登記内容によって様々な添付書類が必要になります。代表的なものは、変更内容を決議した株主総会議事録や、取締役会議事録、役員が就任した場合の就任承諾書及び印鑑証明書などです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>