無駄な経費を徹底的に削減して
低コスト体質を手に入れよう

低コスト体質を手に入れよう

 事業をスタートさせる場合に最も重要なポイントは、「お金があり余っているわけでは無い。」ということです。皆さんも実感されていることと思いますが、資金調達にもなかなか苦戦します。

 そうなると、どのようなものにお金をかけて、どのようなものにお金をかけないかということを決めなければなりません。限られた事業資金をどのように配分するかということが、成功の鍵を握っているわけです。

 新しいビジネスというものは、世間からの認知という面で非常に不利な立場にありますので、そういう意味では、自分たちのことを認知してもらい、潜在的な顧客を探すためのコストを削減することをおすすめするわけには行きません。
 創業期には、少しでも早く顧客を見つけ出し、売上を確保しなければなりませんので、そのための営業費や人件費にコストが集中する傾向にありますが、そういうコストは、ある程度、お金をかけるべき部分ということになってくるでしょう。

 しかし、せっかく売上があがっても無駄な出費をしていては、経営効率が向上することはありません。

 効率的な経営の鉄則は、

  1. 固定費を下げる
  2. 変動費を下げる
  3. 売上をあげる

 ということに尽きます。まずは、お金のかからない企業体質を手に入れるべきなのです。

 そうなると、社内の管理費について後回しにせず、早い段階から低コスト体質を手に入れる工夫が必要になってきますが、ここで検討してみたいのが、電話やインターネット、携帯電話といった通信経費です。
 もちろん、情報のやり取りという意味では、「通信」は大変重要なインフラではありますが、見た目の印象などに気を遣う必要がありませんので、通信の本質的機能が維持される限り、そのコストは徹底的に削減すべきもののひとつとなってきます。

 通信のサービスは年々進化し続け、より安く、より便利になってきており、皆さんも、各種の割引サービスなどを利用されているかもしれません。
 しかしながら、そのサービスが常に最適とは言えず、いつの間にか無駄な出費を続けているというケースは少なくないようです。

具体的には、

1.コスト削減ができる事を知らない

 現在支払っている料金が最適だと勘違いしている法人様がほとんどです。情報通信業界は動向が激しい業界なので、すぐに新しいお得な料金プランが発表されます。定期的にプランの見直しを行ってこそ、コストの最適化が可能になります。

2.時間的余裕がなく手をつけていない

 「切り替えする際の手続きがめんどう」「手間がかかりそうで手を付けたくない」「社内のネットワーク環境の設定がわからず、手を付けられない」といった声が非常に多いのも現状です。諦めてしまっては無駄な経費を払い続けることになってしまいます。

3.最新の情報が良く分からない

 安く使いたいと思ってもよく分からないのが通信業界です。便利で欠かせないものだと分かっていても、いまいち把握することができないといったお客様が多くいらっしゃいます。

4.専門的知識が足りない

 多くの企業が、『社内にIT管理者がいない』『社内にパソコン環境をわかる人がいない』ために、様々な通信サービスの中から自社の業務に最適なサービスの選定することは、時間的にも困難な作業のようです。

 やはり、ここはプロフェッショナルの出番ではないでしょうか。
 通信のプロは、常に、通信キャリアの最新情報を入手しており、お客さまへ最適なプランをご提案することができることでしょう。

お問合せはこちらまで

株式会社ロード
TEL:03-6409-0210
Mail:info@load.co.jp



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>