社会保険・労働保険の基礎知識

 法人にせよ、個人事業にせよ、創業と同時に問題となるのが社会保険や労働保険への加入問題です。いずれも、わが国の社会保障制度の一部ですから、まず最初に、社会保障制度について簡単にお話しておかなければなりません。

社会保障制度とは

 社会保障制度は、社会保険・社会福祉・公的扶助・保健医療・公衆衛生で成り立っています。

①社会保険とは、国民が病気、けが、出産、老齢、死亡、障害、失業など生活に困難をもたらす色々な保険事故に遭遇した場合に一定の給付を行い、生活の安定を図ることを目的とした強制加入の保険制度です。

②社会福祉とは、障害者、母子家庭など社会生活をするうえで様々なハンディキャップを負っている国民が、ハンディキャップを克服して、安心して社会生活を営めるよう、公的な支援を行う制度です。

③公的扶助とは、生活に困窮する国民に対して、最低限度の生活を保障し、自立を助けようとする制度です。

④保健医療・公衆衛生とは、国民が健康に生活できる様々な事項についての予防、衛生のための制度です。

 「戦後社会保障制度史」より

 日本の社会保障制度は、昭和36年の国民年金・健康保険制度施行により、「国民皆保険」体制をスタートしてから、戦後の混乱期、高度経済成長、少子高齢化といった時代の荒波を乗り越え、50年以上も制度を維持し続けています。
 高齢者は医療費無料の時代もありましたが、高度成長期を過ぎたあたりから、少子高齢化の問題が浮上し、保険料の負担増や高齢者の保健制度が見直され始め、公平な給付と負担を検討しなければならない時代になってきたようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>