会社を取り巻く税金の基礎知識

税金との上手な付き合い方を知っておきたい

「知らないと損をする」- それが税金の世界

「知らないと損をする」- それが税金の世界

 サラリーマンをやっていた頃は、給与から税金が天引きされていましたから、給与明細だって手取り金額しか見ませんし、どれだけの税金を納めているかっていう納税意識が低くなりがちです。

 ところが、独立開業してみれば、あらためて税金を納めなければいけませんから、「えーっ!こんなにたくさん持って行かれるの!」って感じで、突然、納税意識と言うか、ぼったくられ感と言うか、そういう税に対する意識が高くなってしまいます。

 そりゃそうでしょう。何しろ、1年間必死の思いで稼ぎ出した会社のお金を、いとも簡単に持っていかれてしまうわけですからね。私だって、税理士という職業にありながら、税金を納めるときは愉快なものではありません。

 でも、私たちが税金を払わなきゃならないっていうことは、なんと憲法に定められているんですね。憲法ですよ、憲法。国の最高法規です。だから、あきらめて納めるしかないわけです。
 それでも、なんとなく悔しい気分のあなた、ここはひとつ、税金のことをちょっとだけ勉強しておいて、せめて、余計な税金を払ったり、税務署に文句いわれて嫌な気分にならないようにしませんか。合法的に税金を安くする方法だって、どんどん使っていきましょう。

 と言うわけで税金との上手な付き合い方を知っておいて欲しいのです。

会社を取り巻くさまざまな税金

 税金と上手に付き合うためには、まず、税金の仕組みを知っておく必要があります。
 まずは、会社を取り巻く税金には、いったいどんな奴らがいるのか知っておこうじゃありませんか。

図版

 結構、色々な顔ぶれがあって、いかにも面倒そうです。ところが、実は、この中でも、まず皆さんが気をつけなければならないのは、法人税、消費税、源泉所得税の三つです。

自主的申告納税制度に注意

 法人税、消費税、源泉所得税の三つは、なぜ大切かと言いますと、税金は、税額の計算の仕方、納め方に注目して分類すると、大きく2種類に分けることができ、皆さんが損をしやすい税金、税務トラブルを招きやすい税金と、そうでない税金があるからです。

 ひとつは「申告納税制度」といって、会社が自主的に税額の計算をして、その税額を払わなければならないもので、法人税、法人住民税、事業税、消費税といった連中がこれに該当します。

 もうひとつは「賦課課税制度」といって、税務署などが税額を計算して、皆さんに請求してくるもので、自動車税や不動産取得税といった連中がこれにあたります。

 ここでポイントは、「申告納税制度」の税金は、自分たちで計算をしなければならないため、計算間違いすることもありますし、手続きを忘れちゃって、取り返しのつかないことになることもあるということです。うまいやり方を知らなかったために損をすることもあります。
 しかも、皆さんの計算間違いを正すために、定期的に税務署の人たちが調べに来たりするのも、この「申告納税制度」の税金に関係します。だから、こいつらを重点的に知っておく必要があるのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>