法人税とはどのような税金か

法人税は法人の「儲け」に対する税金

 まず「会社にかかる税金」といえば、真っ先に知っておいて欲しいのが「法人税」です。簡単に言うと、法人税というのは、「毎年の法人所得に対する税金」です。
 所得とは、会計の世界では「利益」なんて呼んでますけど、要するに「儲け」のことです。「儲け」のことを税の世界では所得と呼びます。

 法人税は、法人所得に対して課税される税金ですから、所得が無ければ税金はタダということになります。このため、赤字だった会社は、法人税のことをそれほど心配しなくてもいいわけですが、儲かっちゃうと、税金もどんどん増えていく仕組みになっています。

図版

 法人税は「申告納税制度」の税金ですから、会社が自ら所得計算をし、税額計算までして、その結果を「申告」という方法で、税務署に提出しなければなりません。

 このため、まずは、法人の所得を計算しなければならないわけですが、会社は決算書において毎期の利益を計算しており、その決算書の利益にもとづいた所得計算を行うこととされています。

利益計算と所得計算は全く同じではない

 「ああ、それなら簡単だ。」なんて、気を許してはいけません。実は、会計上の利益計算と税務上の所得計算は、部分的に異なる点があるのです。

 具体的に言えば、会計上の利益は、収益から費用を引いて計算することとされていますが、法人税の所得計算では、利益、収益、費用という言葉を使わずに、わざわざ、「益金から損金を引いて所得を計算する」としています。

図版

 この収益と益金、費用と損金というのは、ほとんど同じようなものなんですが、あえて、違う言葉で表現している理由は、
「利益の計算と所得の計算は、全く同じではありませんよ」
ということを言いたいのです。

 そうなると、会社は「利益も計算しなきゃいけないし、所得も計算しなきゃいけない」となって、かなり面倒なことになりますが、この点については、会社が決算書において計算した毎期の利益を利用して、それにもとづいた所得計算を行うこととされていて、その点、少しは便利な仕組みとなっています。

法人税の「申告調整」によって、「利益」から「所得」へ

法人税の「申告調整」によって、「利益」から「所得」へ

 会計上の利益と法人税の所得が違うということは、簡単に言えば、会計では費用とされるのに、法人税においては損金として認められないものがあったりするということです。
 ですから、例えば、会社の利益が会計上100万円と計算されたとしても、そのような費用が100万円計上されていたとするならば、法人所得は200万円と計算しなければならなくなります。

 ここでポイントとなるのは、今の計算でもわかるように、いちいち全体の計算をやり直さなくても、要は、「違うところだけ直してあげればいい」ということです。
 この「違うところだけ直す」というやり方のことを「申告調整」といいます。

申告調整では、次の4種類の調整が行われます。

①益金算入

 会計上は収益として計上されていないが、税務上は所得に加えなければならない益金があった場合には、その金額だけ所得を増額しなければなりません。

②益金不算入

 会計上は収益として計上されているが、税務上は、特別な理由から課税する必要が無いという取引があった場合には、その金額だけ所得を減額することができます。

③損金算入

 会計上は費用として計上されていないが、税務上は損金として認められる取引があった場合は、その金額だけ所得を減額することができます。

④損金不算入

 会計上は費用として計上されているが、税務上は損金として認められない取引があった場合には、その金額だけ所得を増額しなければなりません。

 これらのうち、「益金算入」と「損金不算入」は、所得金額を増額するような調整ですから、「加算項目」と呼ばれ、「益金不算入」と「損金算入」は、所得金額を減額するような調整であることから「減算項目」と呼ばれます。

 法人税法では「租税回避」の防止などのルールによって、会社の決算利益と比べると、所得の方が多めに計算される傾向にありますので、「申告調整」の場面では、「加算項目」の方が多くなるのが一般的です。

 具体的にどんな取引が申告調整の対象となるかということについては、いずれ詳しくお話しますが、法人税では、この所得計算が大変重要であるということだけはご理解いただき、また、益金や損金、損金不算入なんていう独特の言い回しについても頭に叩き込んでおいてください。

図版


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>