経営者のための銀行取引の基礎講座

銀行の種類

銀行の種類

 一口に銀行といっても、種類が多く、どんな種類の金融機関と取引していけばいいのか判断に迷うところです。
 金融機関は次のように分類できます。

1.政府系金融機関

(1)日本政策金融公庫
 以前の生活金融公庫が、日本政策投資銀行と合併して作られた銀行です。
 個人、中小企業、農林漁業従事者などへの事業資金融資、日本企業の海外活動支援を中心に行っています。また個人向けに教育ローンなども扱っています。
 創業者支援に大変熱心な銀行でもあり、創業者の強い味方として、早い段階で関わることになるかもしれません。

(2)商工組合中央公庫
 俗に「商工中金」と呼ばれています。
 日本政策金融公庫と同様に、創業者支援に熱心な銀行で、中小企業に安定的に事業資金を供給することを目的としています。
 融資先は主として中小企業団体とその構成員となります。

2.一般の金融機関

(1)都市銀行
 政令指定都市など都市部にのみ本支店をおいている大規模銀行、いわゆるメガバンクといわれます。
 銀行が行うことができるあらゆるサービスを提供でき、また、グローバルな金融活動が行える一方で、主要取引先も上場企業を中心とした大企業です。
 このため、中小企業や創業者に対しては、それらの中のごく一部のサービスしか提供できません。

(2)地方銀行
 地方の企業や住民のための銀行で、設立当初から「地方銀行」であった第1地方銀行と、かつては「相互銀行」といわれていた第2地方銀行とがあります。
 都市銀行と比べれば地域密着型のサービスを提供してくれます。

(3)信用金庫、信用組合
 いずれも地方銀行より営業エリアが狭く、県内限定されています。
 信用組合はさらに狭い営業エリアで、県内全域をカバーするというよりは、県北、県南といったエリアを営業範囲としています。
 信用金庫は、会員制度による協同組織になっていて、会員資格も個人事業者または従業員数が300人未満の小規模の法人事業者に限定されていますので、創業まもない会社にとって付き合いやすい銀行ですが、提供されるサービスのバリエーションは限定的です。

 小口融資をしてくれやすいという面では、一般的には以下のような順序になります。
信用金庫・信用組合 > 地方銀行 > 都市銀行

 反面、信用金庫・信用組合は都市銀行・地方銀行ほどの資金量がありませんので、大規模な融資や国際展開には対応できないこともあります。
 また、全体の資金量の違いから調達コストが大きいことも影響し、都市銀行・地方銀行より金利が高い傾向にあります。

 融資の金利が有利(低い)という面では、一般的には以下のような順序になります。
都市銀行 > 地方銀行 > 信用金庫・信用組合

銀行と信頼関係を作ろう

銀行と信頼関係を作ろう

 銀行との付き合いを良好に保つことは、事業を行う上で大事なことです。銀行との優良な取引関係があれば、銀行から最大限のメリットを引き出すことが可能ですし、何と言っても、スムーズに融資を受けようと思えば、普段から優良な関係を維持する必要があるからです。

 ポイントは、あくまでも「人づきあい」

 銀行との信頼関係とは言うものの、基本はあくまでも「人づきあい」です。銀行の表に立っている営業マンも人ですから、彼らとの信頼関係構築を心がけるのです。

 銀行は毎日全ての取引先の預金取引の内容をデータとして管理していますので、貴方の会社の業績を大まかに把握しています。このため、一定の条件を超えるようになると、システムによって自動的にピックアップされ、営業の目に留まることになります。この傾向は特に都市銀行に顕著です。

 そんなときに、投資用不動産の営業マンや、英語教材の訪問販売員のように門前払いを食わすのは得策ではありません。
 先ほどもお話ししたように、メイン銀行ともなれば、貴方の会社と一蓮托生で、事業の成功をバックアップしてくれる存在にまで、付き合いが発展するかもしれないのです。

 ですから、銀行の営業マンが貴方の会社を訪問してくれたら、
「うちはこんな商売をしているよ」とか、
「俺は会社をこれこれのように大きくしたいんだ」
などというように社長の商売の内容や将来的な社長の夢などを語るといいでしょう。

 つまり貴方の会社の自己紹介をするわけです。社長の夢に同調してくれる営業マンは、いずれ貴方の会社の味方になってくれる一番の候補者なのです。

 営業マンが、貴方の会社のことを理解してくれて、その事業に興味を持ってくれれば、彼らは自然に、「この会社のために何かできないか?」と思うようになるでしょうし、逆に悪い印象を与えれば、貴方の会社の実力を過小評価して上司に報告するかもしれません。

 悪い印象を報告されてしまえば、銀行と会社との関係は、そういう関係だということになってしまうでしょう。
 ですから、礼節をわきまえた振る舞いをしつつ、事業を強くアピールしておく必要があるのです。

 ここで気をつけて欲しいのは、銀行に対しておべっかを使うとか、気を使う必要はないということです。「会社のことを理解してもらい、会社の発展のために力になってくれるかどうか」を見極めることが大事なのです。

 また、関係構築は焦って行うものではありません。一度や二度の訪問で銀行が御社のこ とを理解できるはずがありません。回数を重ねていくことでお互いの理解が深まるのです。
 ですから、「焦らず、ある程度の時間をかけて銀行との関係を深めていく」ことに注力してください。

 そのうち銀行側から「資金にお困りではありませんか?」と言ってくれるようになれば、良好な関係が築けた証しとなるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>