経営者のための銀行取引の基礎講座

預金取引を始めよう

預金取引を始めよう

 さあ、実際に金融機関で預金口座を開設しましょう。

 法人名義で口座を開設し、それを通して実際に得意先や仕入先と取引をすることになるわけです。

 それまでサラリーマンとして公共料金やクレジットカード決済くらいでしか銀行との取引がなかった人は、その取引量の膨大さと煩雑さに驚くことになるかもしれません。
 法人成りをした個人事業主は、新たに国から「法人格」を与えられたことによって口座を通してやらなければならないことが増えますので、慣れた人でも少し戸惑いを感じるかもしれません。

 ここでは口座を開設する時に必要となる書類や口座を開設して取引をする理由などを説明していきます。

口座を開設する時に必要となる書類

(1)法人登記簿謄本
 個人で口座を開設する時に「身分証明書」の提示を金融機関から求められたことはありませんか? 法人でも同様に「法人であることを証明する書類」の提示を求められます。
 個人ならば運転免許証などで構いませんが、法人の場合は代表者の身分証明書(運転免許証などで構いません)に 加え、法人の登記簿謄本の提示も求められます。
 登記簿謄本は所轄の法務局で発行してもらいます。

(2)法人の印鑑
 個人の口座の開設の際に「銀行届出印を決めて下さい」と言われたことはありませんか?法人でも同じく銀行届出印を決めなくてはなりません。ここで銀行に届け出た印鑑が今後の法人口座取引で使用する印鑑となります。
 この印鑑は法人の実印である必要はありませんが、預金取引のあらゆる場面で銀行届出印が必要となりますから、取り扱いには注意して下さい。

キャッシュカードの発行

 法人名義の口座を開設したら、キャッシュカードの発行をするかどうかを尋ねられます。金融機関の営業時間内に銀行に立ち寄る時間がない人はキャッシュカードを発行しておいた方がいいでしょう。

 ただし、時間外取引は、そこそこの時間外手数料を取られますから、出来る限り、銀行営業時間内に取引を済ました方が合理的で、事業主たる者、キャッシュカードの利用は緊急時と考えておいた方がいいと思います。
 また、昨今は、「マネー・ロンダリング」や「オレオレ詐欺」への警戒が厳しく、一日で出金できる金額に限度がありますので注意して下さい。

預金の分類

預金の分類

 金融機関で用意されている商品(以下、預金と表示)は非常に多くの種類があります。 預金には大きく分けて「流動性預金」と「固定性預金」の二つに分かれます。 以下でおおまかにそれぞれの種類を見ていきましょう。

<流動性預金>

 言葉の通り、「流動性のある預金」のことです。
 「流動性」とは、「いつでも自由に出し入れが可能」という意味です。普通預金・当座預金を初め、納税準備預金・通知預金などがあります。

 これらの預金全般に言えることは、いつでも自由に出し入れができるものとされているために、銀行側からすれば、いつでも銀行内にそれだけの資金を用意しておかなくてはならないということになるため、総じて預金利息の利率が低く設定されていることです。

 利息の利率が低く設定されているため、法人の売上金の入金口座・支払金の出金口座として利便性のある預金となっています。
 また、当座預金は例外として預金利息の付与されない預金でもあります。

<固定性預金>

 言葉の通り、「固定性の性格を持つ預金」のことです。
 「固定性」とは、「ある程度の期間は自由に出し入れができない」という意味で、別名「拘束性預金」とも言います。定期預金・定期積金が該当します。

 「一定期間預金の出し入れができない」という性質から、出し入れができない拘束期間について様々なバリエーションがあり、それらの期間に応じた利率が細かく設定されており、拘束期間が長いほど利率が高くなります。

 契約期間は最短で1ヶ月、最長で5年といったところで、そのような商品設計が一般的ですが、実際はそれぞれの金融機関で様々なバリエーションを用意しています。

 契約期間を満了した場合には、あらかじめ定められた利息が付与されますが、やむなく途中でお金を引き出さなければならなくなったときは、「中途解約」することもできます。この場合は、普通預金と同じ利率で利息が付与されます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>